INFORMATION

MINERVA 2018 in LONDON
展覧会場外観
永遠の朋友展2018
〜台湾・日本をつなぐ芸術の絆〜
会期:2018年10月8日(月)~10月17日(水)
時間:9:00~18:00
会場:中正紀念堂(台湾)
主催:永遠の朋友展実行委員会
運営:株式会社クオリアート

わが国と厚い親交を結ぶ台湾。日本と台湾にはこれまで、天災に見舞われても互いを助け合ってきた歴史があります。その友好的な関係を、芸術によってさらに絆を強くしようと、台湾にて美術展覧会を開催されました。

会場となったのは中華民国初代総統、蒋介石の本名である「中正」を冠した台湾を代表するランドマーク・國立中正紀念堂。「本展は2014年の東日本大震災の復興を祈念して始まり、今日も窮地を助け合う日本と台湾の関係を、芸術によってより深めたい」とする永遠の朋友展実行委員会委員長・櫛田の挨拶からオープニング・セレモニーがスタートしました。

白亜の壁と天井が美しい会場内には、日本23点、洋画60点、工芸61点、写真5点、書道15点、台湾アーティストの作品71点の全235点が展示され、元台中市文化局長 中興藝術大学顧問の林輝堂先生や洋画家の李力先生、書道家の黄明勝先生、中國書法学会理事長である葉國華先生ほか来賓の皆様はもちろんのこと内外より訪れた鑑賞者を魅了していました。日本と台湾の表現の多様さは、欧米の人々たちにも感動を与えている様子で、会期中多くの来場者を記録。本展開催の様子は「永遠の朋友」となるという本展のテーマとともに様々な台湾メディアで紹介され、得難い交流を育むことが叶いました。日台の交流をより一層深めることとなりました。

出展作品《巡る紅葉の季節》